ヘアスタイルがメンズファッション
ホーム > 葉酸サプリ > 厚生労働省が積極的な葉酸の摂取を求めています!

厚生労働省が積極的な葉酸の摂取を求めています!

親友の話なのですが、彼女が妊活をしている時に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。

 

彼女が言うには漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全性が高いのではないでしょうか。

 

彼女は漢方を続けていたようです。

 

その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かりました。

 

ずっと頑張っていたので、みんなでお祝いを計画しています。妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。

 

こちらの会社が販売している葉酸サプリには数種類の葉酸サプリが売られていますが、殆どの葉酸サプリに鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて一錠にまとめて詰め込まれています。この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。

 

妊活中の女性に対して、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

 

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

 

胎児の栄養は全て母体から賄われています。

 

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。

 

サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

 

葉酸サプリは効果的?妊娠後期の必要!